ソトアソブログ (SOTOASO部log)

野と戯れて地球と遊びたいSOTOASOBITOの備忘録/日記的ブログ

ひと足お先に夏休みいただきやす

明日から家族でハワイ旅わーいわーい!

f:id:COCOROCK:20180711200751j:plain

 

娘がついてくるうちは、年に1回は大きな旅行。

こう決めて、ここ何年かはそれを実現させている。

実現させていると言うと大げさだけど、なにか特別なことをするわけでもない。

“行く”って決断するだけ。意思決定して予約して予定を立てる、以上。

 

人より稼ぎが良いわけでもなければ、時間にも余裕なんてあるはずもなく、ぶっちゃけめちゃめちゃしんどい。

でも、掛け値なしで無邪気な娘と遊べる時間に限りがあるってのも事実。

(もちろん成長した娘とも、違った楽しみ方はできるのだろう)

だから視座を高く持ち、日々のあれこれに右往左往せず決断する。

そうして娘や家族との共通共有の体験経験を積み重ねる。

 

無理は承知のうえ。ツケはしっかり払います。老体に鞭打って働きます。

職場や取引先から理解を得る努力もしております。楽しむ裏側にはそれなりの労力あり。

 

だから、「いいなあ」って言う友人には 「決めるだけなんだから誰でも行ける」 ってアドバイスしています。別に特別な資格がいるわけでも、自分でジェット機を操縦するわけでもなく、意思決定するのみ。

人生は選択と決断の連続です!羨ましい言う前に行きなさい。

もちろんそうは言っても諸事情でどうしても行けない事もあるのでこの限りではありませんし、まあ強いて言うなら幸か不幸か、子供がひとりってのはこの側面だけとらえるとアドバンテージなのかな(…は強がりで、やっぱり子供はもう1人欲しかった)。

 

“やらずに後悔”するよりも、“やって後悔”するほうが気持ちイイって心持ち。

 

なんだか以前にもそんなブログを書いたことを思い出した。

         ↓         ↓         ↓

sotoasobu.hatenablog.com

 

もちろん一番の目的は娘に多くの体験、広い世界を見せてあげたいという親心。経験なんて多くて困ることはない。

でも決して娘や家族のためだけというわけでもない。私自身、たまにはバビロン脱出して英気養わねば!という思いもある。

 

一昨年は娘が体調崩してほぼ全滅だったオアフ島(そのあとのカウアイ島は復活)。

今回はそのリベンジ的ハワイ旅でもあるので、ネイバーには渡らずオアフONLY。

 

家族会議ではハワイ以外の場所、LA(カリフォルニア)やORLANDO(フロリダ)、アジアンビーチなども候補に挙がりましたが

f:id:COCOROCK:20180711213217j:plain

最終的にはハワイに落ち着きました。

 

「なぜハワイか?」

 

もちろんエアが安かったというのはひとつの要因だし、先に書いたように、娘のオアフの悪い思い出を払拭したいという思いもあるが、それだけじゃない。

改めてハワイについて考えてみた結論。

   ↓     ↓     ↓ 

「やっぱりハワイって抜群にバランス良し。そして楽チン」


f:id:COCOROCK:20180714172443j:plain

 

空、海、山 どれも最の高。そして特に “風” がいい。

そんな極上の自然が溢れる一方で、食事やショッピング、アクティビティも楽しめる。

リゾートに居ながらシティライフも満喫できるハイブリッドな街。

これはつまり、なにもしなくても楽しめるし、なにかしても楽しめるということ。

そして島自体が大きすぎず移動に疲れすぎることもない。

フライトも8時間そこそこで、なんとかギリッギリ我慢できるレベル。

 

日本人だけでなくアメリカ人も憧れるハワイは、そのバランスの良さが魅力なんだと結論づけました(あくまでも個人的な見解です)。

 

雑誌等でみられる 「やっぱりハワイ」的なコピーライトも素直に頷けます。

f:id:COCOROCK:20180711205848j:plain

 

※但し、ただゆっくりリゾートを楽しみたいのなら、ハワイよりもアジアンビーチとか、モルディブタヒチといったスーパーリゾートのほうが良いかもしれません。ハワイのホテルは5つ星でもそこまでのラグ感というかゴージャス感は期待できません。実際、海やホテルだけで言うとモルディブのほうが桁違いにキレイでした。

 

若い頃は、ハワイなんて…と斜に構え、むしろ避けてきたように思います。

しばらくマイアミ近くに住んでいたこともあり特にアメリカはかなりの都市を制覇したと自負しています。友人と2人、マイアミからサンフランシスコまで車で大陸横断なんてこともやりました。NYでは犯罪にも巻き込まれました。レゲエ好きが高じてジャマイカにも何度か行ったし、ベトナムやタイなんかのアジア独特の活気や喧騒も好きでした。近場の韓国や台湾のグルメも堪能しました。すべてがエキサイティングで新鮮な体験でした。

でも、ある程度の年齢になるとふと思うのです、「なんだか疲れるな」と。

リフレッシュしたくて旅に出るのに、帰ってきたらなんだか疲れているのです。

それに比べるとハワイは至極ラクチンなのです。もちろん外国ですからそれなりの緊張感は必要ですが、日本人であることをさらけ出せて尚、リラックス感がハンパないのです。今更ながらハワイリピが理解できます。

 

f:id:COCOROCK:20180714172527j:plain

 

逆に目立つデメリットは以下2点

1.物価高

万年インフレ。宿泊(オンシーズン)、食べ物、アクティビティ、すべてが高すぎる。

せっかくの非日常だから、贅沢もしたいし、一方で節約も大切。油断は散財に繋がるので、メリハリつけてうまく出し引きする必要あり。

Kama'aina Rateがあるとはいえローカルも大変みたいです。実際NYからオアフに移住した友人も、収入と物価が釣り合わず何年かでNYに戻るという決断をせざるを得ませんでした。

2.日本人(アジア人)が多すぎて外国感が薄い

人気渡航地だし仕方ないですね。日本人が多いからこそ、日本的サービスや、日本人好みのレストランがあるのもこれまた事実です。それがイヤならネイバーアイランドへ渡るか、もしくは他へ行けってことだと思います。

 

 

さて、そんな楽しみすぎるハワイ旅ですが、準備から “すでに旅は始まっています”。

この感覚とても大切だと思うんです。

行く前からワクワク感が溢れ妄想を膨らませます。だからギリギリで準備してバタバタ出かけるなんて勿体ない。

…ってことで、今回は意識して早めに準備に取り掛かりました。Youtubeとかのハワイ動画もチェックして家族で「ここ行こう!これは食べよう!」とかワイワイ楽しみました。いやあ、この時間がまた楽しい。これだけ行く前から楽しめれば意外とお得なのかもしれません。結果、ハワイのことならなんでも聞いてってくらい脳内は情報満載。

 

そしてYoutuberの真似っこして、なんちゃってパッキング動画なんかも撮ってみました(動画編集ド素人なのでクオリティ低は容赦ください)


パッキング for (まもなくの)ハワイ家族旅

 


ガジェット for (まもなくの)ハワイ家族旅

 


旅ファッション紹介 for ハワイ旅

 


手荷物(機内持ち込み)紹介 for ハワイ旅

 

調子こいて(というか、だんだん動画編集がおもしろくなってきて)、ついには誰も興味ないであろう中年オヤジのかばんの中身動画まで…

やたらガジェット系と薬系!ばっかり。


おっさんの手荷物紹介 for HAWAII by COCOROCK&HirosunRiz

 

 

いつも通りパッケージ旅行ではなく個人手配旅行。ゆっくりパワーチャージしてきます。

戻ったらまた身を粉にして馬車馬よりも働きますよ。

 

f:id:COCOROCK:20180714172549j:plain

 

Life is Funderful!

 

 

 

ちなみにキャンプは2ヵ月以上行けてない…まああれもこれもは難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jah Guide...